川崎市 自己破産 弁護士 司法書士

川崎市に住んでいる人が借金の悩み相談をするならどこがいいの?

多重債務の悩み

借金の額が多くなりすぎて返済がつらい…。
借金が複数で首が回らないので、債務整理で解決したい…。
もしもそう考えているなら、すぐに弁護士・司法書士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、毎月の返済が減額したり、督促がSTOPしたり、といういろんなメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではネットで無料相談ができる法務事務所や法律事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で川崎市にも対応している、お勧めの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
また、川崎市にある他の法務事務所や法律事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、一人だけで解決するのは難しいものです。
弁護士や司法書士の知恵や知識を借りて、最善策を探しましょう!

借金・自己破産の相談を川崎市の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

川崎市の多重債務や借金返済問題の相談なら、この事務所がおススメ。
弁護士対応で、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払は、分割払いの対応も可能。
相談料はもちろん0円!
借金の取り立てをSTOPすることも可能です。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、債務や借金のことを無料相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付することができるので、お金に悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、過払い・債務の悩みが相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに合った方法で借金や多重債務の問題を解決していきます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から精算できます。
任意整理でも、減額報酬や和解成功報酬などを一切支払わなくてよいため、安く解決することが可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

川崎市在住の人が借金・債務整理の相談をするなら、まずこのサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、ネット上の診断ツールです。
とても簡単な3つの質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にもピッタリです。
しかも、無料で、匿名で利用できます☆
全国対応しているサービスなので、川崎市の方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で使える!
  • 全国に対応!
借金・債務の悩み、匿名&無料で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の川崎市近くにある法律事務所・法務事務所の紹介

他にも川崎市には複数の司法書士・弁護士の事務所があります。参考にしてください。


●小山稀世・小山明子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-15
044-211-2811
http://koyamaoffice.com

●司法書士川崎リーガルオフィス
神奈川県川崎市川崎区宮本町2-27
044-201-6836
http://kawasaki-legal.com

●関根事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市高津区溝口2丁目14-3
044-844-6400
http://law-japan.com

●後迫司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区榎町1-8 ニッコービル 2F
044-233-8763
http://ushirosako-office.com

●槙尾三也子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-19 TKビル 2F
044-233-5103
http://netyou.jp

●司法書士小串事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子2丁目8-1 シャンボール川崎砂子702
0120-313-442
http://saimuseiri-ogushi.com

●神奈川法務事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目29
044-739-5567
http://kanahoh.co.jp

●溝淵司法綜合事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区新丸子町915-20 三井生命ビル 6F
044-711-3431
http://mizobuchi.com

●K&S司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-18 井口ビル1階
044-222-3210
http://ks-shihou.jp

●吉岡司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目4-2 小島ビル2F
044-221-5485
http://y-shihou.com

川崎市にある地元の法律事務所や法務事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、直接相談よりも、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

借金問題に川崎市在住で弱っている方

借金がものすごく大きくなってしまうと、自分ひとりで返済するのは難しい状況に陥ってしまいます。
アッチで借り、コッチでも借り、多重債務で借金がどんどん多くなっていくと、もやは月々の返済さえ難しい状態に…。
1人で完済しようと思っても、どうしようもないことはどうしようもありません。
親などに頼れるならまだいいのですが、もう結婚していて、配偶者に秘密にしておきたい、という状況なら、より困ることでしょう。
そんな時はやっぱり、弁護士や司法書士に相談するしかないのではないでしょうか。
借金を返すための方法や計画をひねり出してくれるでしょう。
月ごとの返済金を大幅に減らしてもらい、長期で返済したり、過払金を返してもらって、返済金を減らしてもらったり、などです。
どうにもならない状況なら弁護士・司法書士に相談してみましょう。

川崎市/弁護士に借金返済相談を電話でする|自己破産

ここ最近は多数の方が簡単に消費者金融などで借入をするようになりました。
こうした消費者金融はテレビCM若しくはインターネットコマーシャルをやたらに放送していて、大勢の人のイメージアップに精を出してきました。
また、国民的に有名なスポーツ選手または俳優をイメージキャラクターとして利用することもその方向のひとつといわれてます。
こうした中、借入をしたにも係わらず日常生活に困窮して金を支払うことが滞る方も出てきました。
そうした方は一般的に弁護士の方に依頼してみると言う事がとても解決に近いと言われていますが、金が無い為になかなかそうした弁護士の方にお願いするという事もできないのです。
一方では、法テラスの様な機関では借金電話相談を無料で行っている場合が有るのです。又、役場等の自治体でもこうした借金電話相談を行っている自治体が極一部なのですがあります。
こうした借金電話相談では、弁護士又は司法書士などの法律に精通している方が約1人30分ぐらいですがお金をとらないで借金電話相談を受けてくれるため、大変助かると言われています。金をたくさん借金していて返済が厳しい人は、中々ゆとりを持って思慮することができないといわれています。そうしたひとにとってもよいといえるのです。

川崎市|自己破産ならではのメリットとデメリットとは?/自己破産

誰でも容易にキャッシングが可能になったために、膨大な債務を抱えて苦しんでる方も増加してきてます。
返金のために他の消費者金融からキャッシングをする様になり、抱えている負債のトータル金額を把握できてすらいないという人も居るのが事実なのです。
借金により人生を狂わさない様に、様に、利用し、抱えている負債を1回リセットすることも一つの方法として有効です。
けれども、それにはデメリットやメリットがあるのです。
その後の影響を予測し、慎重に行うことが重要でしょう。
先ずよい点ですが、なによりも借金がゼロになるという事なのです。
借金返金に追われることが無くなるから、精神的なストレスからも解消されます。
そして欠点は、自己破産した事により、債務の存在が周囲の人々に広まってしまって、社会的な信用が無くなってしまう事が有るということです。
また、新たなキャッシングが出来ない現状になるだろうから、計画的に日常生活をしなければならないのです。
散財したり、金の遣いかたが派手な人は、容易く生活の水準を下げることができないということもあるでしょう。
ですが、己を律し生活をする必要があるのです。
このように、自己破産にはメリット・デメリットがあるのです。
どっちがベストな手段かをきちんと思慮して自己破産申請を行うようにしましょう。